PR

ミシュランビブグルマンのラーメン屋【成城青果】実際食べた感想やオススメの食べ方も紹介

ラーメン
スポンサーリンク

成城のいえば日本屈指の高級住宅街として有名で、最寄り駅は小田急成城学園前になります。

また、青果といえば○○青果と八百屋さんでよく聞くフレーズです。

そんな成城青果さんは京王芦花公園駅にある「ラーメン屋」さんなのです!

え?この名前でラーメン屋さんなの?そんなかんじで一発で名前が覚えられますね!

これが狙いなのでしょうか・・・。

ということではなく・・・きちんとした理由があるようです!

それは当時、家族で営んでいた会社の屋号が「成城青果」でありそれを引き継いだということのようです。

昔からの屋号を引き継ぐという歴史の変遷が店名にも表れていて情緒まで感じられるのはなんだかいいですね。

今回はそんなラーメン屋さん「成城青果」さんを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「成城青果」はこんな人にオススメ!

成城青果は京王線芦花公園駅から徒歩1分のお店です。

近くに紅葉や花壇で有名な蘆花公園があり定期的にイベントが開催されています。

イベントついでによってもいいかもしれないですね!

また、近くに日本大学や明治大学の学生寮があるため学生の方にもおすすめです。

あと店内がきれいでおしゃれなのもポイントの一つです。

洗練された店内なので一人でも入りやすいですし女性のお客さんもたくさんいらっしゃいました。

「成城青果」はミシュランビブグルマンのお店!?

成城青果はあの有名なミシュランガイド東京にて価格以上に満足度が得られるとするビブグルマンに2022年、2023年、2024年と3年連続で選出されています。

ミシュランに選ばれているお店って聞くと高級店のイメージがあるんですけどこういった「B級グルメ」も選ばれるんですね!

そして世界的な指標で選ばれているということは成城青果が世界的な目線においても認められているということになります。

また、成城青果さんは店員さんの接客の丁寧さや店内の清潔さ、気配り、美しさもハイレベルに感じました。

これらもミシュランに選定された理由の一因となっているのでしょうね!

「成城青果」は何ラーメン?メニューも紹介

成城青果のラーメンは淡麗系で魚介の出汁が感じられるすっきりとした味わいが特徴です。

しかし鶏油も使用されており深いコクもあるため、見た目以上に濃厚に感じたのが印象です。

メニューは以下の通りです。

・塩そば 並 800円
中 900円
特大 1000円
お得セット(そばと肉丼のセット) 1150円

・醤油そば 並 850円
中 950円
特大 1050円
お得セット(そばと肉丼のセット) 1200円

肉丼

トッピング

  • 味玉
  • 肉増
  • ビール(17時~)

店員さんにおすすめを尋ねたところ「塩そば」とのことでした!

初来店の際にはまず塩そばを注文すれば間違いなさそうですね!

「成城青果」を実際食べた感想!

食べて最初に感じたのはトッピングのクオリティの高さです!

まずメンマです。

分厚く切られておりチャーシューよりも存在感があるのですが味も存在感抜群!

噛めば噛むほど広がる味わいでこのスープの根源はこのメンマからしみだしているんじゃないのか!?!?

と思わせるほどの深みがありました。

先ほども言いましたが、スープの濃縮版のような味付けなので一体感もあります。

私はこのメンマ丼のメニュー化を希望します!笑

次にチャーシューです。

なんといっても美しい!!淡いピンク色はまるで桜のよう。

薄く切られているうえにサイズも小さいのですが噛んだ瞬間に期待をいい意味で裏切るほど肉の味が広がります!

またこのチャーシューもメンマと同様にスープと味がリンクしていて一体感が抜群なんです!

3つ目はです。

少し太めのストレート麺で何か練りこまれているような麺でした。

絶妙な歯ごたえがメンマ、チャーシューの硬さと似ていて心地よいコンビネーション。

あと麺は結構熱めで提供されるので猫舌の方は注意してくださいね!

1つ1つの素材たちが協力し合っているこの一杯は芸術作品といっても過言ではないでしょう。

オススメラーメンと食べ方・サイドメニュー

・肉丼

こちらの肉丼はサイドメニューでセットとしても単品としても注文できます。

しかしサイドメニューとは思えないクオリティ・・・さすがミシュランビブグルマン!

ラーメンにも乗っていた桜色の美しいチャーシューが敷き詰められ、その上にフライドオニオンと甘めのソースがかかっています。

少し甘いかなーという印象ですがワサビをつけて食べるとうますぎるのです!!

イメージとしてはひつまぶしにつけるわさびとの関係みたいな感じ!

こちらもラーメンと同じく素材たちが手を取り合っていて、最高の作品にしようぜ!!って言ってる声が聞こえきそうです。

・花椒

また机にはラーメン店には珍しく「花椒(かしょう)」が置かれています。

花椒とは中華料理の調味料で最近はやりの「シビ辛」系を演出してくれます。

麻婆豆腐などでよく使われる調味料ですね。

そしてわたしはこの花椒トッピングを強くお勧めします!

理由はとてつもなくおいしくなるから!!・・・だけではなく理由についてもお伝えしたいと思います!笑

まず、花椒の辛さは繊細な成城青果のスープを全く邪魔しません。

ただただ刺激的なシビレをピンポイントで感じさせてくれ、いい意味で優等生な成城青果のスープが一気に荒くれものになるのです。

ゆっくり味わえるスープが一転箸が止まらなくなくなる危険なうまさのラーメンへ大変身します。辛い物好きな方はぜひ試してみてください。

「成城青果」は全国何店舗ある?

成城青果は芦花公園店の一店舗のみで営業しています。

また座席はカウンターのみの8席です。

座席数は少ないですが、店員さんがテキパキとされているので回転は速い印象を受けました。

お店情報

住所:〒157-0062東京都世田谷区南烏山3丁目1-11

営業時間:月~金 11:00~15:00

         17:00~0:45

     土日祝 11:00~0:45

京王線 芦花公園駅北口から徒歩1分 駐車場無

アクセス

芦花公園駅は新宿から1本で約20分、渋谷から乗り換え1回の30分弱で到着する便利な立地にあります。

また、支払いは現金のみとなっていますのでご注意くださいませ。

 

なお、店員さんが順番にオーダーを聞いてくれます。

行列に並んで気長に待ちましょう(以前は券売機での購入だったようですが変更になったようです)。

さらに、大人気店のため毎度大行列となっています。

また、周辺は商店街であり周りに迷惑がかかならないように店員さんが並び方について教えてくれます。

指示には従うようにしましょう。近所迷惑のせいで、店舗のイメージが悪くなることだけは避けたいですからね!

また公式SNSもあるので確認の上来店していただければと思います。

以前、同じ京王沿線のつつじヶ丘駅に店を構える「柴崎亭」さんとコラボラーメンを企画されていたこともあり、新しい情報が知りたい方はフォローしてもいいかもしれませんね!

まとめ

ミシュランビブグルマンのお店ということもあり、雰囲気、接客、味とすべてにおいてハイクオリティなお店でした。

それに加えて遅い時間まで営業しているので来店しやすさもあります。

しかしながら大人気店であるので長時間並ぶことは必至ですがその価値があるお店です。

お近くの際にはぜひ立ち寄ってみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました