PR

齋藤飛鳥はハーフ?家族構成や本名、母親の秘密エピソードも紹介

エンタメ
スポンサーリンク

乃木坂46の圧倒的ビジュアルの持ち主、齋藤飛鳥さん。

可愛らしい顔と、暗い雰囲気から、ミステリアスさを感じ、多くのファンを魅了しています。

そんな齋藤飛鳥さんですが、家族の話をしていたことがあり、その家族がとても興味深いと話題になっています。

今回は、齋藤飛鳥さんの家族などについて調べていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【齋藤飛鳥はハーフ?】

まず、齋藤飛鳥さんの容姿に触れると、とても可愛らしく美人さんですよね。

実は、齋藤飛鳥さんは、父親が日本人で母親がミャンマー人のハーフなのです。

齋藤飛鳥さん自身が話しているので、本当の話です。

母親がミャンマー人ではありますが、齋藤飛鳥さんは日本で育ったため、ミャンマーの言葉が話せたり、ミャンマーに精通しているという訳ではなさそうです。

母親も日本語が流暢なようなので、家の中では日本語でのコミュニケーションになっているようです。

【齋藤飛鳥はハーフが原因でいじめに?】

斎藤飛鳥さんと言うと、ローテンションなのが魅力でもありますが、その原因は小学生の時にあるようです。

斎藤飛鳥さんは小学高学年の時、友達から意地悪をされるようになり、不登校となっていたそうです。

家に引きこもりになり、性格も暗くなっていたようです。

しかし、そのいじめの原因がハーフかというのは分かっていません。

いじめは理由なく起こるのが子供の世界なので、なにがきっかけかは、本人が一番分からないのではないでしょうか。

【齋藤飛鳥の本名とは?】

ハーフとなると、齋藤飛鳥さんは、ミャンマーの名前があるのかなと思いたくなりますが、齋藤飛鳥さんの本名は、齋藤飛鳥さんのままです。

本名での活動をしています。

ミャンマーのハーフではありますが、日本の名前をご両親はつけたんですね。

国籍も日本です。

【齋藤飛鳥の家族構成】

斎藤飛鳥さんの家族構成についても見ていきましょう。

斎藤飛鳥さんは、ご両親とお兄さんが2います。

斎藤飛鳥さんは、3人兄妹の末っ子ということですね。

こんな可愛らしい妹がいたら、お兄ちゃんたちは守りたくなること間違いなしって感じがしますね。

[齋藤飛鳥の父親]

では、齋藤飛鳥さんの父親はどんな人なのでしょう。

まず、齋藤飛鳥さんの父親は亡くなっているという噂がなぜかありますが、齋藤飛鳥さんの父親は健在です。

一言で言うと、斎藤飛鳥さんの父親は、個性的だそうです。

斎藤飛鳥さんが言うには、父親は自分のことをルパンだと思っているようです。

もみあげを伸ばしたり、名刺もルパン4世と書いているようです。

なんとも不思議な父親ですね。

しかし、テンションはそんなに高い人ではないらしく、あまり親子の会話はないようです。

物静かでルパンだと思っているという父親、不思議です。

[齋藤飛鳥さんの母親]

斎藤飛鳥さんの母親は、先ほども紹介したとおり、ミャンマー人です。

誕生日が4月14ということは、分かっています。

斎藤飛鳥さんの母親は、とにかくテンションが高いようです。

その他の情報は、柔らかめのおかゆが好きということです。

斎藤飛鳥さんの性格は、母親と正反対だと本人も言っています。

[齋藤飛鳥さんの長男]

斎藤飛鳥さんのお兄さん、長男は、どんな人なのでしょう。

長男と齋藤飛鳥さんは、年齢が6つ離れています。

斎藤飛鳥さんから見て、長男はモテ男のようです。

年も離れているため、同じ日本にいるが、あまり会っていないようです。

性格は比較的静かだそうですが、反抗期の時はお兄さんに対して怖いと齋藤飛鳥さんは感じていたようです。

まだ独身で、彼女をころころ変えるタイプだとか。

[齋藤飛鳥さんの次男]

斎藤飛鳥さんのお兄さん、次男はどんな人なのでしょう。

次男のお兄さんは、テンションが高くて、家族にウザがられているようです。

次男は、母親に性格が似ている感じですね。

斎藤飛鳥さんは、そんな次男のお兄さんについて、しっかりしていると言っていました。

お調子者ではあるが、根はしっかり者のようですね。

長男次男ともに、一般人なので名前などは公表されていませんが、2人のお兄さんとも「鳥」の字が名前に使われているようです。

斎藤飛鳥さんも使われているので、兄妹で共通しているんですね。

【齋藤飛鳥と母親の秘密エピソード】

テンションが高い齋藤飛鳥さんの母親ですが、齋藤飛鳥さんとの秘密のエピソードをバラエティ番組で語っていたことがあります。

とても独特なエピソードなので紹介します。

[朝ご飯を食べさせてもらっている]

斎藤飛鳥さんは、母親にとても甘やかされて育ったそうです。

初めての女の子だし、さぞかし可愛かったのだろうというのが想像できますね。

一つ目は、朝ご飯を食べさせてもらっているというものです。

意味が分からない感じがしますが、言葉のままで、母親が齋藤飛鳥さんの口までご飯を運んで食べさせていたということです。

斎藤飛鳥さん言い分としては、時短のためとのことで、朝シャワーを浴びた後、髪を乾かしている間の時間を時短したいから、その間に母親にご飯を食べさせてもらっていたとか。

毎日のことだったようです。

[服を母親が買いに行っていた]

また、17歳当時の齋藤飛鳥さんは、一人で買い物に行くことはほとんどなく、母親と買いに行っていたようです。

17歳にもなれば、一人で買いものに行ったり、友達と買い物に行ったりするのが楽しいものだと感じますが、齋藤飛鳥さんの場合は、常に母親と一緒だったんですね。

母親抜きで買い物に行った際は、試着した服を母親に写真で送り、OKが出ないと買えなかったようです。

母親にべったりですね。

[缶ジュースの蓋が開けられなかった]

そして、齋藤飛鳥さんは、高校生になるまで缶ジュースの蓋が開けられなくて、母親にやってもらっていたようです。

理由は、爪が割れそうになるためだそうです。

実際に目が剝がれてしまったり割れたりしたことはないようです。

その他にも、何かを使って缶を開けてみようという努力もせずに、母親を頼っていたそうです。

[伝説のチャーハン作り]

その他にも、母親に甘やかされていたエピソードはありますが、母親とのエピソードを聞くと、齋藤飛鳥さんに常識は通じないのかなと感じます。

それを彷彿とさせる出来事が、番組内で起こります。

それは、齋藤飛鳥さんが番組内でチャーハンを作るというものでした。

自分には常識があると豪語していた齋藤飛鳥さんでしたが、いざチャーハンを作り始めると、炒めるときの火力が絶望的な弱火だったのです。

これでは、炒めるのにどれくらいの時間がかかるのだろうと、誰もが感じたと思います。

このチャーハンは、齋藤飛鳥さんお伝説として有名になりました。

【齋藤飛鳥は実家暮らし?一人暮らし?】

そんな齋藤飛鳥さんですが、現在は実家を離れて一人暮らししているようです。

実家にいると母親に甘えたくなりますが、一人暮らしとなると、必然的に自分でやらなくてはいけないことが増えるので、今は常識人になったのかなと感じますね。

それでも母親は心配のようで、LINEは毎朝するし、週に1回は母親が家に来て料理をしてくれるそうです。

【まとめ】

斎藤飛鳥さんの家族などについて調べていきました。

斎藤飛鳥さんはローテンションでミステリアスな雰囲気が漂っていますが、母親始めユニークな家族に囲まれて育ったということが衝撃でしたね。

斎藤飛鳥さんも根本はとてもユニークな性格なのかもと思うと、その一面が表に出てきて欲しいなと感じてしまいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました